債務整理で住宅ローンはどうなる?

住宅ローンの返済をすることがむずかしくなった場合に弁護士や司法書士などに依頼をして債務整理の手続きをする際に気になるのが所有している住宅はそれによってどうなってしまうのかということだと思います。

これについては債務整理の種類によっても変わってくるので、借金の状況や収入の状況などから適用されると想定される債務整理で住宅の行方を考えていく必要があります。

任意整理による債務整理であれば裁判を通さない方法で借金整理をして住宅ローンの返済がしやすい状態を作っていくことになるので、住宅が没収の対象とならないのでこれまでと同じ生活をすることができます。

特定調停や個人再生になると借金の一部を免除してもらって借金の完済を目指していくスタイルの債務整理になるのでこれらの方法で借金の整理をしたからと言って住宅がそのまま没収の対象になるというわけではありません。

しかし、特定調停や個人再生の借金の一部免除については住宅ローンが非対応となっているので住宅ローンだけで返済が困難になってしまっている場合は任意売却などをする必要性が出てきます。

自己破産になるとどんな理由であっても住宅は没収の対象となってくるので所有している住宅は手放すことになります。

債務整理住宅ローンランキング

債務整理後の新たな住宅ローン

住宅ローンの返済が滞るようになると金融機関からは催促が届くようになりますが、そのままさらに放置していると売却にかけられてしまうこともあるので早期に問題対策をしなければなりません。

債務整理をすることが借金問題の解決を図る中では多く検討される方法になっているのですが、債務整理にもいろいろな種類があって債務整理によって受けるペナルティなども異なっています。

債務整理をして借金の整理をすることができた後にはブラックリストに名前が入ってくるので新たに金融機関からお金の借り入れをすることはできなくなってしまいます。

これについては住宅ローンにおいても同様のことが言えるのですが、一度住宅ローンで失敗してしまった後は再び住宅ローンで家を買うことができないのかというとそうでもありません。

抜け道としては配偶者の名前で家を買うという方法があり、例え自己破産をしていても配偶者であればローンを組んでお金を借りることができます。

ブラックリストにはいつでも名前が入るわけではないので債務整理をしてから生活が再び安定するようになりまとまった収入が入ってくるようになると自分の名義で住宅ローンの申し込みをしてお金を借りることができる場合もあります。

住宅ローンの借り換えの検討

私は若いうちにマイホームを建てることにしたのですが、これはなるべく早いうちに住宅ローンを終わらせて老後をエンジョイしたいと思っていたからです。

でも現実にはそこまで甘くなく年齢が若いので収入もそこまで多くはなく、住宅ローンの返済に追われてキャッシングなどに手を出すようになってしまい、今ではかなりの借金を抱えることになりました。

仕事はしているのでどうにか生活することはできているのですが、一時は債務整理をして借金整理をする必要がある状況に追い込まれてしまっていたこともありました。

こんな時に見つけたのが借り換えローンと呼ばれるもので、他の金利の低い住宅ローンに切り替えることによって毎月のローン返済の負担を減らすというものですが、これだけで月に1万円程度の節約に成功しました。

このお金をそのままキャッシングの返済に充てることができたのでどうにか借金の返済ができなくなるという状況を乗り越えることができたのですが、改めて油断は禁物だなと実感することになりました。

借り換えは手数料などもかかるので完済までの期間が短い場合はあまり向いている方法とは言えないところもありますが、長期ローンの場合であればかなりメリットはあるように感じました。